語彙力強化・今日の言葉:諦観(ていかん)何か堅そうな意味じゃね?いい言葉なんです。

語彙力強化!知性と笑いのセンスを磨く。

本日の言葉はこれ。

 

『諦観』

 

意味:全体の情勢を広く見渡すこと、細部にとらわれず物事の真理を見通すこと、喜怒哀楽を超越すること。

 

諦めると言う字が入っているため、マイナスなイメージに捕らわれがちですが、本質を見るという部分で本来はプラスのニュアンスの意味を持ち合わせております。

 

「諦める」とは、本来仏教においては物事への執着を捨てて悟りを開くことでもあるそうです。

迷いや悩みがある場合に、その本質を見極め理解を深めることです。

 

その過程で、悩みから解放されるためには、執着から離れること、要するに「諦めること」が必要だということだそうです。

 

このように、「諦める」とは本来とても前向きな意味でした。

それがだんだんと後ろ向きな「断念する」といった意味に変わっていきました。

 

きっと、以前話題になった某洗顔石鹸のCMの言葉

 

「諦めないで」(M矢みき風)

 

そう考えるとこの言葉は、ドSな言葉ですね。

肌悩みから解放(執着から離れたという意味で)されたのに、うちの商品を使ってって意味ですからね。

昔の仏教の教えですと。

 

まぁ、M矢みきさんに言われたらドMな拙者は「うん、頑張る」ってなってしまいそうです。

 

話が大分それてしまいましたが「諦観」は「明らかに見ること」、「道理・真理をはっきりと見極めた上で諦める」と覚えておくといいかもしれません。

 

例えばこんな時に・・・

 

バイト初日でバックレてやろうと決め物思いにふけた時に。

「拙者がいつ辞めても仕方がないと、店長は諦観していた」

 

朝、起きて会社に遅刻すると確信した時に気持ちを落ち着かせるために一言。

「これが拙者の運命だと諦観している」

 

賢者タイム中に・・・

「諦観の境地に至り、何事にも動じなくなった」

 

年上の女性の方に・・・

「彼女の諦観的な態度は、アラサーとは思えない」

→多分、ババァ扱いされたと思われ嫌われます。

 

メンヘラな子を友人に話すときに・・・

「彼女は自分自身の境遇について諦観しており、治療に対しても積極的ではなかった」

 

どうです?

沢山使えそうですよね!!w

 

これも使い方によってはかなりのパワーワードだと思いますし、今からでもじゃんじゃん使えそうです^^

今宵もここまで読んでくれて恐悦至極に御座います。

 

今後もゆるぅ~く、楽しく続けていきとう思うとります。

 

それでは、これにて御免!