語彙力強化・今日の言葉:そんなに「おもねる」ならオレ、もう寝る!女子かw

語彙力強化!知性と笑いのセンスを磨く。

本日の言葉はこれ。

 

『おもねる』

 

意味:機嫌をとってその人に気に入られるようにする。

 

こびへつらう、ゴマをするといった言葉に近い意味でしょうか。

2つの言葉に分解することが出来「おも」は「面」、「ねる」は「練る」で、顔を左右に向けるという意味がございます。

 

典型的な日本社会や縦社会においては「おもねる」人達は沢山出てくるのが世の常です。

否定形は「おもねらず」

 

ブラッシュアップのための例文

彼は「寸暇」を惜しんで「いみじくも」「おもねる」が「すべからく」「けんもほろろ」に聞いてもらえなかった。その様は「不調法」極まりなく、「よんどころない」印象を受けた。

 

正しい使い方出来てるのかなw

とりあえず、今までご紹介してきた言葉を一部羅列してみた感じです。

 

「いみじくも」「すべからく」の使い方がいまいちしっくり来ないです。

もっともっと語彙力を高める為に労力を使うことは「やぶさかではない」ことです。

 

まぁ、色々な所でおもねりたい気持ちもわからなくはないですが、等身大で評価されたいですよね。自分も以前はおもねっていましたが、アホらしくなって辞めました。

 

人間関係は若干、円滑ではなくなる部分もございますが、それを補ってもストレスが軽減されました。

また、おもねるとどうしても、思考や物事の捉え方が偏ってしまうことがあることに気づきました。

おもねらないことによって、自分の考え方や基準を持つことが出来ます。

ただ、頑固になってしまったり、周りが見えなくなってしまう可能性もあるので上手く調整も必要になります。

 

ちょっと個人的なお話になってしましたw

 

何気ない会話で使えそうな、なうでヤングな言葉。

 

「おもねる」

 

例えば若者の会話で

 

A:「ねぇ、ねぇ、最近おもねってる?」

 

B:「いやぁ、おもねってないねぇ」

 

A:「先輩にたまには、おもねらないとなぁ」

 

B:「だよな。今度軽くおもねっとくか」

 

どうでしょう。

 

ちょっとチャラくないですか?

ご機嫌取りなんて言うよりも、おもねるって言葉の方が知性を感じますよね!

なんとなくですが、耳障りのいい印象を受けます。

 

組織に属したり、上下関係のあるコミュニティに属すと、「おもねる」ことがまるで週習慣であるかのような人に出会う可能性が高いので使う機会が比較的多い言葉なのではないでしょうか。

 

今宵もここまで読んでくれて恐悦至極に御座います。

 

今後もゆるぅ~く、楽しく続けていきとう思うとります。

 

それでは、これにて御免!

 

~彼はいみじくもブログのシメを行った~