語彙力強化・今日の言葉:自分「同慶」です。意外に真面目なんですよ。変な意味と捉えないでね。

語彙力強化!知性と笑いのセンスを磨く。
本日の言葉はこれ。

『同慶』

意味:自分にとっても同じように喜ばしいこと。

読み:どうけい

今日の言葉はポジティブ!!

これはどこでも使えそうですよね。

喜びを分かち合う時に知性のある言葉を混じり入れること出来たら最高じゃないですか!

同慶、半端ないって!!

歓喜の瞬間の最中にコメントを求められたときにですよ・・・

「日本代表はよく頑張ってくれました!ご同慶の至りに存じます!」

なんて街頭インタビューで答えてみてくださいよ。

皆さんズキューーーンって感じですよこれは。

んで、例文を沢山調べてたんですね。

それを見て自分流にアレンジしようかなとか思ってたんですよ。

そしたら、まぁどこもかしこも

「同慶の至り」


「同慶の至り」


「同慶の至り」


うわぁああーーー

っていうか今更なんですが、

「至り」

って具体的にどういう意味なん?

って思いましたw

説明しよう!!!

至りとは、物事の行き着く最高の極み、勢いのおもむくところ、結果、考えや配慮の行き届くことなど色んな意味があるそうです。

よく「若気の至り」といいますもんね。

拙者もそんな時代が;;

今年で30の世代。

そう、ハンカチ世代。

十の桁が変わるのは心がえぐられますよ。だから、30になるまではとりあえず痛いことやり続けようと決心しました!

続けるんです。たとえ、痛くても。

たとえアクセスが無くても。

誰も見てなくても続けるんです。

30になるまでは;;

とほほ。。。


コメントとかくれたらまさに・・・

 

「同慶の至り」


ふふ、決まったか。
ってか、自分のブログに反応あるんだから、自分のことでしょ。
同慶ではないな。

初めては大学生です。

はい。

全然アウトプットできてないじゃん。

まぁ「至り」は物事の行き着く最高の極みという意味でしょう。

んでもって、自分のことのように嬉しく思い、最高の極みだと。

とんでもない、感受性豊かな野郎ですね。

こんな人が世の中に溢れ出たら戦争はおきまへん。

でもねでもね、「陰徳」してるときっと周囲は見てくれてるもんで巡り巡って自分に返ってきて、それをまた返してってサイクルが出来ると自然と「同慶」の感情も芽生えると思います。

分かりにくい言葉だけど、「同慶」という言葉はとてもポジティブでいい言葉です♪


今宵もここまで読んでくれて恐悦至極に御座います。

今後もゆるぅ~く、楽しく続けていきとう思うとります。

それでは、これにて御免!

~彼はいみじくもブログのシメを行った~