中途半端で終わってしまう自分へのエールを自分に送ってみる。

なぜ、なんだろう。

分かっているのに出来ない。

全てが中途半端になってしまう。

 

行動するだけで満足して、やりかけで終わってしまう。

同じ悩みを持っている人はいないだろうか。

 

行動し、人に話すことで褒められ、承認欲求が満たされ続かなくなってしまうのか。

広く浅く物事に触れることもいい事だけど、私のような凡人は凡人なりにオリジナリティを出して何か一つのことに詳しく精通する人間でないとこの先、世の中で付加価値の高い人間になることが出来ない。

 

痩せる、早く寝る、お酒控えるなど、こんな単純なことも出来ない。

だから、How to 本って売れるんだな。

 

会社に依存したくなく、今後はクローズドな世の中になっていくと考えてブログを始めて何かを残して行きたいと決意したのに中々上手くいかない。

 

今は、会社員の他に友人の事業も軽く手伝おうとしたがそれも中々、手が回っていない。

何か言い訳を見つけようとする自分が本当にイヤだし、恥ずかしい。

 

あと、数か月でついに30歳になる。

もう普通のサラリーマンとして私は特に実績もないので価値が無いと思っている。

 

だからこそ、人の何倍、何十倍と努力しなければならい。

分かっているのに出来ない。

 

なぜだろう。

続けることの大切さも分かっている。

 

この悩みぬく時期が大切なのだろうか。

惰性で続けるのは良くないことだけど、これをまた辞めてしまうといつまでたっても中途半端になってしまう。

せめてブログだけは、ブログだけは中途半端にしたくない。

 

例え誰も見ていなくても、見てくれる人がいるつもりで何かを発信することはいいアウトプットになる。

けして、無駄ではない。

 

なぜ、アクセス数が増えないのか、自分のページの見映えはどうだとかを考えて試行錯誤するだけでも、ただ家に帰ってボーッとしている時間よりは、ずっとマシ。

 

他の人のブログを参考にするのはとても良いことだけど、短期間で成果を上げた人のページを見て一喜一憂してはダメ。

 

自分に足りないものは何なのか。しっかり考える。

時にはコンサルしてもらってもいいと思う。

 

ただ、ネットで調べたら出てくるような事を聞いているようではだめ。

ある程度、自分で調べて基礎が出来てきてから聞くのがいいのかな。

 

使い古された言葉だけど、他人は自分が思ってるほど興味がない。

興味を持たせるためにはそれ相応の努力と戦略が必要。

 

やるやる詐欺にならないように本当に気を付けよう。

記事の更新を毎日出来るかは分からないけど、まずは100記事をあげることを目標に。

 

加えて、質を高めることも心がける。

半年、惰性で続ける100記事よりも1年で本気で書いた100記事の方が絶対に自分のためにもなるし、何より見てもらった人へ失礼にならないようにと心がける。

 

負けるな自分。 

 

ちょっと、3連休や仕事でモヤモヤすることがあったから頭を整理した日。

 

今宵もここまで読んでくれて恐悦至極に御座います。

 

今後もゆるぅ~く、楽しく続けていきとう思うとります。

 

それでは、これにて御免!

 

~彼はいみじくもブログのシメを行った~