語彙力強化・今日の言葉:意識高い系は自己投資に対して、やぶさかではない。

語彙力強化!知性と笑いのセンスを磨く。

本日の言葉はこれ。

 

『やぶさかではない』

 

まず、聞きなれない言葉として挙げられるのが

 

「やぶさか」

 

という言葉の意味です。

 

これは、物惜しみをするとという意味です。

 

なので「やぶさかではない」は「物惜しみをしない」という意味です。

 

「~~ない」という言葉なので否定形のニュアンスがありますが、どちらかというといい意味の肯定的な言葉です。

 

「〜する努力を惜しまない」「喜んで〜する」といった意味となります。

 

辞書などで載っているような「どちらかと言えばしてもよい」などといった曖昧な気持ちの表現では実際はありません。

自らが進んで、乗り気で行動をすることを表します。

 

最近では「やぶさかではない」は「仕方なくやる」「どちらかと言えばやってもいい」などと間違った意味で認識されはじめているそうです。

 

例えば、政治家が「○○の予算などについて削減するにやぶさかでない」と話したとき、聞いた方の多くは「仕方なく削減するのか」などと勘違いすることが多おられます。

実際は「喜んで削減する」「物惜しみしないでやる」といった意味になります。

 

だからこそ、例文を作って覚えてしまおうじゃないか!!

 

 

「部長からの命令ならば、さらに調査して改正するのにやぶさかではない」

 

カープの新井選手の長年の功績を評価するにやぶさかではない」

 

「私はこの任務が終わったあと、新プロジェクトも進行することにやぶさかではない」

 

うーん、どれも堅いですね~

 

こんなシーンはどうだろうか。

 

素敵な告白のシーンで。

 

A:「Bさんのこと好きなので付き合ってください」

 

B:「やぶさかではないね」

 

A:「!?」

 

RIZAPのCMで。

 

ブゥーチッブゥーチッ♪ブゥーチッブゥーチッ♪

 

「彼が過ごしたRIZAPの3か月間は」

 

ブゥーチッブゥーチッ♪ブゥーチッブゥーチッ♪

 

「やぶさかではなかった」

 

ペーペケッペッペペーペーペペ♪ ペーペケッペッペペーペーペペ♪

 

ちょっとニュアンス違うかなw

 

政治家も使う

 

「やぶさかではない」

 

という言葉。知性があるように見せるパワーワードにはなりそうです!

 

今宵もここまで読んでくれて恐悦至極に御座います。

 

今後もゆるぅ~く、楽しく続けていきとう思うとります。

 

それでは、これにて御免!­