語彙力強化・今日の言葉:日本を代表する精鋭達の「精励」による奇跡のグループリーグ突破!

語彙力強化!知性と笑いのセンスを磨く。
本日の言葉はこれ。

『ご精励』

意味:勉学や仕事などに精を出すこと。

読み:ごせいれい

昨日に引き続き、頭に「ご」が付く言葉ですね。

話言葉で頻繁に「ご」がつくと何か口の中がモゴモゴしてしまう印象がありますねw

遊戯王好きな私としては「せいれい」と聞くと「精霊」という言葉がつい思い浮かべてしまいます!

確か、神のカードのラーの翼神龍の紹介文の冒頭は

「精霊は歌い~」

とか始まったり

罠カードでは「精霊の鏡」ってカードがあったり、

あれってジャンプの応募者全員貰えるパックだったような・・・

とまぁ懐かしい話は置いといて

意味はポジティブな言葉ですよね♪

「精」には純粋なもの、心を打ち込むこと、という意味があります。

何か自分自身で決意などを表明するときに利用すると、相手へ気持ちが伝わります。

シンプルに

「精励します」

で十分に想いや覚悟が伝わってきますね。

似たような意味合いの単語として

「精進」

という言葉がございますが、こちらの意味は主に

一つのことに精神を集中して励むこと。一生懸命に努力すること。

です。

対して精励は「仕事や勉学」に専念するという意味で、一段と具体的で使い所が限定されているのかなとも思います。

なので、「趣味に精励して参ります」とかだと本来のニュアンスではないのかな?

まぁ大体こうやって堅い事を話す時ってビジネスの場や、仕事・勉学関係のことを話しておくと無難なので使い方が限定されてるとはいえ、使いやすいのかなとも思います。

しかも、「精進します」はよく使われていますが

「精励します」もしくは「精励して参りたいと思います」

とは中々聞いたことがないので、より一層この人は知性があるなと思われるのではないでしょうか。

四字熟語でも

「精励恪勤」

とある通り、意味としては

力の限りを尽くして学業や仕事に励むこと。

ですので何か会議や仕事で決まり文句のように「頑張ります」

というよりは「精励恪勤の想いでやってます」とか「精励して参ります」

と答える方が味の出る返答になるのかなって思います♪

昨日グループリーグを突破した我らがサッカー日本代表も「精励恪勤」の想いで来たからこそ勝ち取った結果だと思います。

是非、ベルギーに勝っ史上初のベスト8に入って欲しいものです!

それでは、今宵もここまで読んでくれて恐悦至極に御座います。

今後もゆるぅ~く、楽しく続けていきとう思うとります。

それでは、これにて御免!

~彼はいみじくもブログのシメを行った~