語彙力強化・今日の言葉:「けんもほろろ」な思い出ぽろぽろ。

語彙力強化!知性と笑いのセンスを磨く。
本日の言葉はこれ。

けんもほろろ

意味:人の頼み事や相談事などを無愛想に拒絶するさま。取りつくしまもないさま。

だそうです。

このブログで初めて書いた言葉で「にべもない」という言葉を取り上げました。

少し似ていますが、「にべもない」というのは全く愛想がないということです。

単語の意味としては

「けん」

「ほろろ」

に分かれるそうです。

アラレちゃんは

「ほよよ」

歳がバレますねw

「けん」「ほろろ」どちらも、キジの鳴き声のことを指します。

一説によりますと、キジの鳴き声が無愛想に聞こえることからと言われております。

断られたことをストレートに言わず、このような言葉を使うことでクッションとなりコミュニケーションが円滑に出来ると拙者は思います。

いい加減、一人称の呼び方統一します。

それは置いといて・・・


例えば告白をした時に

A:「そういえばこの前、余裕で付き合えるわって言ってた子どうなったの?」

B:「あぁ~あの子ね。あの子なら、けんもほろろに断られたよ」

A:「えっ、あんな豪語してたのに?」

B:「うーーん、途中までは良かったんだけどね。結果、けんもほろろに断られたんだよな」

A:「途中まで上手く行ってたのに?なんかしでかしたのかよ」

B:「いやぁ、少し考えさせてって言われたから、それならホテル行って考えよって言ったらさ、けんもほろろにさ」

A:「・・・」

それは、なんというか、けんもほろろというか、あなたの行動に問題が・・・w


例えば営業の電話をした時に

A:「お世話になっております。〇〇株式会社のAです。本日は、〇〇をお勧めしたくお電話いたしました」

B:「あぁ、〇〇ならウチ間に合ってるんで結構です」

A:「さようでございますか。という事は、けんもほろろですか!?」

B:「あのぉ、今忙しいので」

A:「いくらなんでも、けんもほろろですよぉ~ところd・・」

(ガチャ)

うーん、攻めでも守りでも使えそうな、パワーワードですね。

けんもほろろ

ほろろってなんか音の響きがいいですよね。
耳障りはいい言葉なのですが、意味は断られたというマイナスの意味です。

自分の人生を振り返り、何か断られたときに

「最初はけんもほろろでございました」

なんて言えると、ちょっとカッコいい感じに見えそうですね♪

今宵もここまで読んでくれて恐悦至極に御座います。

今後もゆるぅ~く、楽しく続けていきとう思うとります。

それでは、これにて御免!

~彼はいみじくもブログのシメを行った~